Basic Policy on Information Security

情報セキュリティ基本方針

parts-5
ホーム | 情報セキュリティ基本方針

第1条(目的)

お客様から信頼されるプラットフォームプロバイダーとして、お客様情報のセキュリティに関するインシデントの防止を図ることにより、お客様の信頼確保及び事業損失を最小限に留めることを目的とします。

Digital Platformer 株式会社はデジタル通貨やデジタルID発行の際基盤となるプラットフォームを提供する会社です。主な提供先となる金融機関や地方自治体などのユーザー様に安心して弊社のサービスをご利用いただき、世界に金融包摂を広げていくことが我々の使命であると考えております。

第2条(情報セキュリティの定義)

情報セキュリティとは、情報の機密性、完全性及び可用性を確保し維持することをいう。

第3条(適用範囲)

当社の管理下にある、すべての業務活動に関わる情報を対象とします。

第4条(実施事項)

  1. 適用範囲の全ての情報資産を脅威(漏えい、不正アクセス、改ざん、紛失・破損)から保護するための情報セキュリティマネジメントシステムを確立、導入、運用、監視、見直し、維持及び改善するものとする。
  2. 情報資産の取り扱いは、関係法令及び契約上の要求事項を遵守するものとする。
  3. 重大な障害または災害から事業活動が中断しないように、予防及び回復手順を策定し、定期的な見直しをするものとする。
  4. 情報セキュリティの教育・訓練を適用範囲すべての社員に対して定期的に実施するものとする。

第5条(情報セキュリティ管理体制の構築)

当社は、情報セキュリティ管理体制を構築し、当社が保全するすべての情報資産適切な保護に努めます。

第6条(情報セキュリティ規定の制定)

当社は、本基本方針に基づいた社内規定を整備・実施します。

令和 3 年 2 月 8 日
代表取締役 山田 芳幸

日本の決済システム、個人情報管理が
根本から変わります。
デジタル通貨・分散型ID発行
SaaS プラットフォーム「LITA」

デジタル通貨・デジタルIDの発行を
より簡単に。
世界最先端のブロックチェーンを採用した、実績ある製品を日本へ。

Scroll to Top