LITA Solutions

導入を検討されている
金融機関・地方自治体・商工会議所・大学関係者様向け

デジタル通貨・分散型ID発行
SaaSプラットフォーム

「LITA(リタ)」

デジタル地域通貨

期間の制限なく利用可能
チャージ時にポイント等を付与
BtoB決済にも利用可能

デジタルID・分散型ID

発行者や利用者が分散して情報を保有
ブロックチェーンにより
データ改ざんを防止

デジタル通貨・デジタルIDの
発行をより簡単に。
世界最先端のブロックチェーンを採用した、実績ある製品を
日本へ。

デジタル通貨発行 SaaS プラットフォーム 「LITA(リタ)」

ブロックチェーンの社会実装を目指します

デジタル通貨発行 SaaS プラットフォーム「LITA」。地域ごとにデジタル通貨やデジタル商品券の発行ができます。シンプルなパラメーター設定によりデジタル通貨を発行でき、豊富な API 提供により柔軟なサービス設計が可能になります。

Why make the choice?

なぜ、業界標準オープンソース方式を採用するのか?

相互接続

グローバルに利用され、オープンで相互接続可能な技術でないと生き残れない。他の国や地域との相互運用、海外のデジタル通貨との接続を展望

サステナビリティ

技術の継続提供という優位性



セキュリティ評価

ソースコードを開示、第三者によるセキュリティなどの客観的な評価


LITA Advantage

世界標準の優位性。様々なデータを生成するインフラとして機能

低コスト

初期費用・運用コストが1/10。 即時決済・転々流通



セキュリティ・強靭性

24時間/365日稼働。偽造・なりすましを防止。システムが止まらない。



拡張性

デジタル給与連携、法人間決済、プログラマブルマネー、DVPなどの拡張を予定


相互運用性

複数銀行が発行するデジタル通貨の相互運用性を確保。インバウンド・クロスボーダー取引への将来性

世界標準

技術・サービスの中立性・事業継続性



処理性能

資金決済システム 処理性能 世界標準 オペラビリティ用途としては最良。他社の10~100倍

Benefits of digital currency to the Industry

デジタル通貨のメリット

Benefits of DID to the Industry

民間デジタルID(分散型ID)がもたらすメリット

Case Studies

導入事例

行政サービスをスマホで提供。行政手続きや給付金の申請等がスマホで完結します

行政サービス

自治体からの情報発信 エリア毎にパーソナライズして情報を発信できます

自治体

    How Can Participate

    ご参加方法

    デジタル通貨発行 SaaS プラットフォーム
    「LITA(リタ)」 導入までの流れ

    STEP1

    お問合せ

    STEP2

    実施内容ご相談

    STEP3

    お見積り・ご契約

    STEP4

    商品設計

    STEP5

    サービス開始

    日本の決済システム、個人情報管理が
    根本から変わります。
    デジタル通貨・分散型ID発行
    SaaS プラットフォーム「LITA」

    デジタル通貨・デジタルIDの発行を
    より簡単に。
    世界最先端のブロックチェーンを採用した、実績ある製品を日本へ。

    Scroll to Top